2010年06月26日

ゼンリンが住宅地図を電子書籍端末対応に



ただの地図ではなくて、「住宅地図」を電子書籍端末に対応させる

そうです。


家族が不動産業をやっているので見たことがあるのですが、不動産

業なんかでは、紙製の大判住宅地図を担当エリアについて、何冊も

備え付けています。


しかも、過去からの経緯が必要だとかで、同じエリアについて数年

置きに数冊ずつ保持しています。


不便だし邪魔なんじゃないの? とは聞いてみたのですが、やはり

どうしても業務に必要とのことでした。


私の持っているKindleだと、白黒で操作性いまいちですが、この問

題が解決された端末に入るとだいぶ使いやすいかもしれません。


家族の会社に昔からいる人だとパソコンの扱い方も知らないそうな

ので、入れても使いこなせるかどうかは分かりませんが。


後は価格ですね。業務用の地図ライセンスは、たいてい使用するユ

ーザ数で請求されると思います。営業担当者1人ずつに持たせて、

そういうのと同じライセンスを適用されると使いづらいかもしれま

せん。


元記事:http://www.asahi.com/business/update/0626/SEB201006260011.html



posted by webmapper at 23:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
トライアルセット
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。