2010年06月29日

ESRIジャパンのブログが始まっていた



ESRIジャパンのブログが始まっていたのを見つけました。今月(201

0年6月)からのようです。ArcGISみたいなキーワードでは検索してい

たはずなんだけど気づきませんでした。


やはり次期バージョンArcGIS 10の話題が中心のようです。

ArcGIS利用にあたってのtipsも投稿されています。


また、以前「Google MapsとGISの違い」でちょっと触れた、Google

Maps上にArcGIS Serverのデータを重ねて表示(もちろん検索なども

可能)できる、「ArcGIS JavaScript Extension for the Google

Maps API 」を含めたWeb Mapping用のAPI群の使い分けを解説した

記事が個人的な注目ですね。


ArcGIS Web Mapping APIs はどれを選べばよいですか?


個人的な好みでは、環境が一番軽量なJavaScriptですかね。ブラウ

ザによって動作が違うことがあるという点は厭ですが。


ちなみに、Google Maps APIは最近正式なバージョンが上がりまし

たが、現行ArcGIS ServerのJavaScript用APIは旧バージョン対応だ

ったと思います。今から作り始めてしまうと、Googleの前バージョ

ン提供が終了してしまうリスクがあります。


手軽に始めるなら

・ArcViewのシングル版(ArcGISデータ作成用。このエディションは
 
 DBの更新が出来ないので、ファイルジオデータベースを選ぶこと)
 
・ArcGIS ServerのStandard

・ベースマップはESRIが無料で提供しているもので我慢する

・開発は、ArcGISのJavaScript API(3種類あるけど、GoogleでもBing

 Mapsでもないのを選ぶ)
 
 ⇒APIはここhttp://resources.esri.com/arcgisserver/apis/javascript/arcgis/index.cfm?fa=home
 
  「Samples」のページを見ればどんな地図が見られるのかがわか
  
  ります。
 

ELAなんかでライセンス持っているのでなければ、まずは上2つの

ソフト見積もりをとるところから。


ブログのURLは、↓です。

http://blog.esrij.com/




posted by webmapper at 19:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | ESRI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
トライアルセット
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。