2011年02月17日

Google Maps API V3でマウスカーソルを変更する



ドキュメントを見ながら実験コードを書いていて、ちょっとやり方

を調べたのでメモ。


逆ジオコーディングや空間検索をするときに、地図上をクリックす

ることでその位置を入力として受け取る状態であることを視覚的に

わかってもらうために使います。


流れとして、逆ジオコーディングでいうと、@まず機能を起動する

ボタンをユーザがクリックA地図上のクリックを受け付ける状態に

(このとき、それがユーザにわかるようにマウスカーソルを指の形

に変更)Bユーザが地図をクリック(入力が終わったので、マウス

カーソルを戻す)Cクリックした位置に対応する住所をGoogle Maps

APIの逆ジオコーディングの機能で取得する。


コード例(mapがgoogle.maps.Mapのインスタンスとします)


Amap.setOptions({ draggableCursor : 'pointer' });

Bmap.setOptions({ draggableCursor : '' });



○関連記事
Google Maps API V3では3Dの地図タイプが使えないらしい

Google Maps上の不思議な線は等高線らしい

Google Maps不動産停止

posted by webmapper at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | Google Maps API | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/186438919
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
トライアルセット
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。