2011年02月17日

Google Maps API V3でマウスカーソルを変更する



ドキュメントを見ながら実験コードを書いていて、ちょっとやり方

を調べたのでメモ。


逆ジオコーディングや空間検索をするときに、地図上をクリックす

ることでその位置を入力として受け取る状態であることを視覚的に

わかってもらうために使います。


流れとして、逆ジオコーディングでいうと、@まず機能を起動する

ボタンをユーザがクリックA地図上のクリックを受け付ける状態に

(このとき、それがユーザにわかるようにマウスカーソルを指の形

に変更)Bユーザが地図をクリック(入力が終わったので、マウス

カーソルを戻す)Cクリックした位置に対応する住所をGoogle Maps

APIの逆ジオコーディングの機能で取得する。


コード例(mapがgoogle.maps.Mapのインスタンスとします)


Amap.setOptions({ draggableCursor : 'pointer' });

Bmap.setOptions({ draggableCursor : '' });



○関連記事
Google Maps API V3では3Dの地図タイプが使えないらしい

Google Maps上の不思議な線は等高線らしい

Google Maps不動産停止

posted by webmapper at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | Google Maps API | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月14日

Google Maps上でワールドカップが開催されるスタジアムが見られる



Googleのブログで、Google Mapsのストリートビューでワールドカッ

プが開催されるスタジアム内とその周辺を見られます。


ストリートビューは通常車にカメラを積んで走行しながら撮影する

はずなので、スタジアムのような建物内は見られないのですが、ス

トリートビューの担当者が自転車をこぎながら撮影したそうです。


Googleのブログ記事:選手と同じピッチに立とう! 7 つのスタジアムと南アフリカの街角がストリートビューに登場


↑のブログ記事内にスタジアム内の写真が2枚出ていますが、これ

がストリートビューです。画面内でマウスをドラッグしてぐりぐり

と動かしてみればまるでそこに立っているかのように周囲の様子を

確認できます。


なお、ストリートビュー画面の右下に人のアイコンがありますが、

これをドラッグすると、ストリートビュー内で表示する位置をドラ

ッグ先に移動できます。ドラッグ中に青い線が出るあたりが、スト

リートビューのデータがある場所なのでそこでマウスをはなしまし

ょう。


Google Maps APIを使えば、こういったストリートビューの画面も

自分のWebページに組み込むことが出来ます(ただし、ライセンス

には注意)。



○関連記事
ESRIジャパンのブログが始まっていた

Google Maps不動産停止

不動産営業のストリートビュー利用法

posted by webmapper at 22:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | Google Maps API | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月12日

Google MapsとGISの違い



Google Mapsの登場以前から、地理的なデータと地図を用いてシステ

ムを構築するためのGISというソフトウェアは存在しました。


では、その違いは何かということですが、単に地図や航空写真を見

たいだけであるとか、数百点程度の少数のデータを地図の上に重ね

て見たいという程度のことが要件であれば、違いはありません。


Google Mapsで十分にできてしまいます。しかも無料(※)だし、操

作性は素晴らしいです(Google Maps登場以前のWeb GISで構築され

たシステムをたまに見かけますが、かなり残念な出来です)。


(※)ただしライセンスのみ。また、開発したアプリケーションはイ

ンターネットに制限なしで公開しないといけない。

続きを読む

posted by webmapper at 18:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | Google Maps API | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
トライアルセット
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。